Press "Enter" to skip to content

ダイエットなら食事制限?その常識を覆す酵素とは

ダイエットに大切な食事制限

ダイエットをするためには食事制限をしなければならないと考えますよね。食べる量を減らせばそれだけでも十分に痩せられるのは確かですが、食事が生活の楽しみの一つとなっている人にとっては苦しいダイエットになりかねません。しかし、ダイエットには食事制限という常識を覆すダイエット方法も多くなりました。その筆頭にあがるのが酵素ダイエットです。酵素を摂取することが基本的なコンセプトですが、どのような意味があるのでしょうか。

酵素の摂取がもたらすこととは

酵素ダイエットで摂取する酵素は性質としてはある物質を別の物質に変える機能を有するタンパク質です。酵素を摂取すると食べたものの分解を助けてくれるのが基本的な効果となります。本来、人は胃や腸などに消化酵素を作って分泌することで消化を行っていますが、その一部を摂取した酵素が担ってくれるのです。それに加えて、本来人が消化できないものも摂取した酵素により消化分解されるようになり、全体として見ると消化器への負担が軽減されます。

消化器への負担の軽減と代謝の活性化

酵素の摂取によって消化器への負担が軽減されると、酵素を作る力は代謝酵素を作る方向に向けられます。すると身体を作ったり、機能させたりするための代謝活動が活発になり、基礎代謝のためのエネルギー消費が大きくなるのです。このため、食事を減らさなくてもエネルギー消費量が増えて痩せられるという結論に帰着します。これが酵素の摂取のダイエット効果であり、それが常になってしまえばリバウンドも起こしにくいダイエットが実現できるのです。

酵素ダイエットは簡単ですが、美味しくはなく、飲むだけで劇的に体重が落ちるかと言うとそうでもありません。