Press "Enter" to skip to content

結婚式はウエディングドレスやヘアメイクだけじゃない!指先もオシャレに

普段はできないオシャレを体験できる

一昔と違ってただ爪にマニキュアを塗るだけでなく、つけ爪や自爪が伸びたように一体化することができるスカルプ、ジェルネイルのような方法もたくさんあります。でも仕事柄なかなか普段は爪をオシャレにすることができなかったり、単純に爪に何かをつけたりすることをあまり好まない方もいると思います。ですが女性が1番着飾って輝ける結婚式という場面で、ドレスやヘアメイクだけでなく普段はなかなか経験しないような爪も着飾ってオシャレをするのも楽しく嬉しいものです。

ドレスと合わせたデザインで自分だけのネイルを

ただ爪にマニキュアを塗るだけなら自分でもできますが、やはり結婚式となると1番のメインはウエディングドレスです。好きな色やデザインを選ばれることが多いかと思いますが、ここで爪もドレスに合わせてみると気分もとても上がりますし写真に写った時もとても素敵です。着る予定のウエディングドレスが決まったら、プロのネイリストさんに写真を見てもらいながらつけ爪のチップをドレスに合わせたデザインで作ってもらうこともできます。

ドレスと同じく爪もお色直しを

よくある順番で言えば、最初に白のウエディングドレスを着て次にお色直しをされることが多いと思います。その場合、爪もドレスと同じタイミングでそれぞれに合った爪にお色直しをすることもできます。最初はスカルプやジェルネイルで白のウエディングドレスのデザインで施術してもらい、お色直し用にドレスにあったつけ爪のチップを作成してもらうことで、スカルプやジェルネイルの上からチップを取り付けてお色直し完了です。ブーケや髪飾りなどの色も合わせてトータルコーディネートの1部として爪もオシャレにしてみましょう。もちろん和装の場合も同じように合わせると一味違った雰囲気になります。

ネイリストの仕事内容は、各地のネイルサロンのコースによりますが、デザインや接客に対する専門的なスキルを高めることが重要です。