Press "Enter" to skip to content

レーザー脱毛と相性がいい部位ってどこですか?

レーザー脱毛の性質とは

医療脱毛で使われているレーザー脱毛って、ムダ毛だけをターゲットにしてくれるところが有能ですよね。肌にやけどのリスクがあるとは言うものの、資格を持っている医療従事者が脱毛器を使っているので基本的には安全な方法です。どうしてムダ毛だけをピンポイントで処理できるのかと言いますと、レーザーが黒色に反応する性質を備えているからです。日焼けが濃かったり、黒ずみがひどいデリケートゾーンのレーザー脱毛が駄目なことがあるのも、これが理由なんですよ。

レーザー脱毛と相性のいい体毛

全身脱毛のプランを利用したことがあるなら、レーザーの効き具合が体のパーツによって違ってくることを実感しやすいのではないでしょうか。体毛は個人差があることはもちろんですが、その役割によって毛質や毛量がバラバラですよね。一般的にレーザー脱毛と相性がいいムダ毛は黒っぽくて太い毛が生えているところです。脇毛やvioゾーンのアンダーヘアが代表格と言えます。頑丈な毛質だからこそ、充分なエネルギーを使って処理できることもあって、脱毛効果を実感しやすいんですよ。

レーザーと相性が良くない毛は?

色が濃くて太い毛との相性がいいなら、その反対に産毛のように色が薄くて細い毛との相性が良くないということになります。胸にうっすら生えている体毛や背中の毛など、女性を悩ませる産毛はレーザーでの処理も難しいんです。色素が薄くて反応にしにくいので出力を上げようとすると火傷のリスクが高まりますし、出力が弱いと産毛の色素に反応しません。とは言ってもレーザー脱毛が全く効果がないというわけではなく、実績のしっかりしたクリニックだと十分な脱毛効果を得ることができますよ。

全身脱毛をすると、一年中毛の処理を気にする事もなく、カミソリで肌を痛める事もないので清潔で安心です。