Press "Enter" to skip to content

産後はとても重要!バストアップするための3つの方法

自分に適しているブラジャーを!

出産してから授乳が終わるまで、通常のバストサイズとは異なってきます。そのため授乳中は、必ず授乳専用のブラジャーを身に着けるようにしましょう。そんなにサイズが変わらないから通常のブラジャーを使用しようと思っている方も中にはいらっしゃいますが、無理に締め付けてしまうため乳腺が詰まったりしてバストアップに悪影響を及ぼす場合があります。また授乳が終わった後、元々のバストサイズとは異なっている可能性もありますので、着用する際には必ずバストサイズを測ってから、それに適しているブラジャーを着けるようにしましょう。

マッサージでバストアップ

バストアップするためには、適度に体を動かす事も必要です。ただし産後すぐは積極的に体を動かす事が出来ないため、バストアップするためにも軽くマッサージをして血流をよくしましょう。そしてマッサージをする際には、まず効果を最大に得るためにも鎖骨の周りを小さく円を描くように刺激していきます。マッサージ方法としては、左右どちらかの胸の脇から真ん中の方へ胸を軽く押していきます。そしてアンダーバストから鎖骨の真ん中あたりに向かい、軽く押しながら刺激していきます。最後は両手で胸を下から上方向になでるようにして刺激を与えて行きます。全て左右10回ずつ行うようにしましょう。

筋肉トレーニングでバストアップ

胸は大胸筋と言う筋肉で支えられています。そのためバストアップするためには、この大胸筋を鍛える必要があるのです。特に妊娠をしている時には、激しい運動が出来なかったりしますので筋力が衰えています。そのためバストも垂れ下がってしまう傾向にあるのです。しっかりと形を保つためにも、筋肉を鍛えてバストアップしましょう。大胸筋を鍛えるためには、手の平を合わせた合掌のポーズが最も効果を実感する事が出来ます。約15秒ほど、手のひらを合わせた状態でゆっくりと息を吐いていきます。

胸を大きくする方法を理解するために、女性用のファッション誌や美容雑誌などに目を通すことが重要となります。